• ホーム
  • 肌トラブルを抑えよう!ニキビと生理の関係について知っておきたいことって?

肌トラブルを抑えよう!ニキビと生理の関係について知っておきたいことって?

2020年03月21日
顔にクリームを塗っている女性

ニキビについて忘れてはいけない事としては、女性の場合は特に生理との関係があります。女性の場合は実はこの生理周期によって肌荒れやニキビができやすい時期と、ニキビができにくい時期があるのです。

まず、周期的にニキビが出来てしまう時期は生理が始まる前です。実はこの頃は体が生理前特有の不調を起こしやすい時期で、これを生理前症候群といい、別名PMSといいます。この時期は体調が崩れやすく、また体が何となくパッとしないとか調子が悪い、という人も少なくありません。下痢や便秘、お腹の調子が悪いとか、頭が痛い・足首がいたいなどの体の不調を訴える人もいます。

この時期に特に肌の調子が崩れやすいのは、肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れることなどが原因です。肌の調子が崩れて抵抗力が落ちると、アクネ菌を活性化させやすい傾向も見られます。ターンオーバーが乱れやすく、肌の生まれ変わりの能力も下がる傾向があるのです。

とはいえ、この関係は誰にでも当てはまる物でもなく、また当然ですが人によって対処方法は違います。一時的にニキビができやすい場合はその時期だけスキンケアをニキビケア専用のものにしたり、普段から白ニキビがぽつぽつできやすい場合はピーリングを行うなどの方法もあるでしょう。一時的に塗り薬を使用したり、専門の治療薬を使う人もいるようです。すぐににきびが治るという治療法もある一方で、そもそも根本的に治療する方法もあります。ホルモンを取ったり、ビタミン類を普段から意識的に取る、チョコレートや揚げ物などの油分の多いものは控える、などの方法もあります。

一方、始まってからはそれまで悩まされていたニキビがすっと消える事も少なくありません。というのも生理が始まるとホルモンバランスが整い、生理によって体の悪いものが排出されると調子が整うとか、生理が終わったら肌もキレイになる、という人もいるくらいなのです。

このため、大事なのは生理周期に合わせてお肌やニキビがどういう変化を見せるか、という事と、終わったら改善する可能性もあるのであまりいじくったり潰したりしてひどくしない事です。特に潰してしまうと跡が出来たり、クレーターになってしまうなど、なかなか治らなくなることも少なくありません。このため、様子を見ながら適切なケアを行い、もし必要ならば事前に予防をしておくことも大事でしょう。炎症をひどくしないように日常生活から気をつけておくことも出来るようになります。