• ホーム
  • ニキビができやすい場所があって困っている?その原因について考えてみよう

ニキビができやすい場所があって困っている?その原因について考えてみよう

2020年03月24日
顔マッサージを受けている女性

ニキビケアをするときに忘れてはいけないのが、ニキビにはできやすい場所があるという事です。特定の場所に頻繁に出来る場合もあれば、顔全体に出来てしまうことも少なくありません。できやすい場所とその原因を紹介しましょう。

まず、良くできやすい場所のひとつがおでこです。おでこは皮脂分泌が多く、油分を多くとる人ほど油分を分泌してしまう肌になる傾向があります。また、前髪によってお肌に刺激を与えやすく、肌のバリア機能を乱したり低下させることも少なくありません。また、メイク汚れを落としにくいことや、ヘアケアやヘアスタイリング剤が肌に合わない、洗い残しが肌に触れて参加するなどの原因も見られます。このため、おでこを綺麗に保ちたいならきちんと洗うことや、許されるのなら前髪をおでこに触れ冴えないことなどが重要なポイントとなるでしょう。

同じような理由から、鼻もできやすい部位です。鼻も皮脂分泌が多いことはもちろん、かなり入り組んだ複雑な部位なのでどうしても洗い流すのが面倒だったり、意外と難しい場合も少なくありません。特に毛穴が目立ち汚れが入りやすいので毛穴に汚れが溜まりがちという理由もあり、比較的多くの人が悩みます。鼻の場合は特に赤ニキビになりやすいので適切にケアすることが大事です。ただ、油分の分泌は多いので、できれば水分を与えることを中心としたスキンケアを行い、出来るだけいじらないようにしておきましょう。

顎も同じくニキビができる場所ではありますが、原因はおでこや肌と全く違います。たしかに皮脂分泌が多い部位で、肌に油分が多い傾向があります。ですがその一方で乾燥しやすい部位でもありますので、意外と乾燥ニキビができてしまう傾向が見られるのです。また、マスクやスヌードなどの首の防寒や鼻や口を覆う時に顎の皮膚に負担がかかりやすく、そのために刺激を受けやすかったり、汚れていると雑菌が付着しやすいなどの影響があります。
また、メイク汚れが落ちにくかったり、スキンケアで意外と意識しないなどの洗い忘れや流し忘れ、ケアのし忘れによる肌ダメージも見られるでしょう。

乾燥ニキビができやすい場所は頬で、ほほの場合はホルモンバランスの変化や乾燥などが原因の事も少なくありません。ただ、どのニキビも基本的に一つの理由ではなく、複合的な原因がある事が少なくありません。このため、いくつかの対策を取って生活習慣を変えることもまた大事な方法のひとつとなるでしょう。