最新の投稿
肌を気にする女性

最近では、ニキビを皮膚科学的に見て専門的に治療する薬も増えてきました。とはいえ、実際にはそれぞれの薬ごとに、どういう効果があるのか違いがあります。ニキビ治療薬と一口に言っても、実際はその種類は様々あります。

まず、スキノレンクリームという薬の場合、アゼライン酸という有効成分がニキビの菌を活性化させるのを防いだり、皮脂の分泌を抑えてくれます。スキノレンクリームの場合は朝と夜に使うのが基本で、気になる部分に使いましょう。使用感がやさしいという口コミもかなり多いので、ニキビで悩む敏感肌の人にも向いている薬です。どちらかといえば軽いニキビ、白ニキビや黒ニキビなどに効果が高く、また脱毛効果もあるという事ですので顔の産毛が気になる人にもいいでしょう。

クリアウィンという薬もあります。こちらは炎症を起こしたニキビ、つまり赤ニキビに向いています。抗菌作用があるためニキビをひどくするのを防ぎ、肌のニキビ跡の色素沈着を防いでくれます。このため、ニキビ跡防止にもいいでしょう。使い方は朝と夜使い、気になる部分に使うのが基本です。ただし顔以外には使えませんから、顔以外の部分にも一緒に使いたいという人にはあまりおすすめできません。

そして、アダフェリンという薬もあるのですが、こちらはピーリングをして肌をきれいにする薬です。アダフェリンの最も特徴的な所としては肌の汚れを落として角質を落とし、肌のターンオーバーを促すことによってニキビを減らすという事です。こちらは就寝前の洗顔後に使い、ニキビが気になる部分にだけ使いましょう。また、顔以外には使えませんので、顔以外には使わない方がいいのです。気をつけたいのはピーリングによって肌をほんの少し薄くしますので、肌を保護する必要があり、日焼け止めや保湿クリームなどを使ってください。

どのクリームも効果は違い、ニキビ治療薬にも合う合わないはあります。また、使用感や効果、どのニキビに効果があるか、などは種類によって違いますので、口コミやその商品の説明文を読み、自分のニキビの状態をチェックしてニキビ治療薬を選びましょう。ちなみに併用する事も出来る場合が多いので、ニキビ治療薬を複数使うこともきれいに治療する方法です。例えばクリアウィンとアダフェリンを併用してニキビをより早くきれいに治す、という方法もあります。また、どのニキビ治療薬も使い方にはルールがありますので、きちんと説明書を読んでから使用してください。